南風通信

みなみかぜつうしん あちこち 風のように

日常のよろこび

コロナ禍でステイホームを強いられていた頃、街の飲食店が大変だというニュースがたくさん流れていた。そんな時に応援したくなるお店とはどんなものなのか?そんな事を考えた。美味しいお店は沢山あるけど、その全てを応援しようと足を運ぶのは難しい。この…

沖縄ローカルタレント列伝①「護得久栄昇」

TVの地方局が作っている生活情報番組は、知らない土地にやって来た転勤族にとって、貴重な情報源です。 沖縄のテレビを見ていて思うのですが、出演者に地元のローカルタレントさんがとても多いのです。それは、多くのローカルタレントさん達が活躍できる基盤…

アメリカ風中華料理を食べる

アメリカ発のレストラン『パンダエキスプレス』は、アメリカでは最大手のチャイニーズレストランチェーンだそうです。沖縄県浦添市にある『PARCO CITY』の中にお店がありまして、お買い物のついでに寄ってみました。最初に食べ物を入れる食器をボウルかプレ…

光の記憶

2017年6月 / 高知 2016年5月 / 大宮 2017年7月 / 徳島県・三好市 2015年11月 / 南浦和 2015年10月 / 東京・丸の内 2017年7月 / 香川県・多度津 2018年8月 / 台北

沖縄市のガソリン

明日もいそがしいなあ。そろそろ寝ようか、とベッドに入ってブログを書いてなかった事に気がついた!こんなささやかなブログなんだけど、一応、毎週欠かさずに書くと決めてやっています。何か書かなければ……というのが、正に今の状況です。そういえば、この…

新しい日常

コロナ禍での自粛生活で気づいたこと。その1、お酒好きだと思っていたけど、本当は、それ程好きじゃないかもしれないと思った事。その2、欲しいモノが少なくなった事。または、欲しいモノの傾向が変わった事。その3、家の中の生活が苦にならず、外出無しで…

街の記憶

かつて『コザ』と呼ばれた街があった。 米軍基地の門前町のようだったのだろうか。 勉強不足で、ぼくには詳しくを語ることができない。いや、本当の事を言えばこの街に興味を持って、少しは深く調べようとしてみたのだ。数冊の書籍を図書館で借りて読み進め…

私的不定期名曲選『この曲もえーやん!』㉔ 栄光の男 / サザンオールスターズ

サザンオールスターズ – 栄光の男(Full ver.) 桑田佳祐という人は、人間の心の機微がよく分かる人だろう。 桑田佳祐という人は、世の中の風音がよく聞こえる人だろう。 若い頃、サザンオールスターズの曲がとても好きだったのに、聴けなくなったのはいつ頃…

家での楽しみ

家に居ることが多くなった生活に、少しずつ慣れてきたような気がします。自粛生活を楽しむには、コロナの影響で先々の見通しがつきにくい中で、比較的お金のかからない楽しみの方が良いですね。ところで、Amazon prime会員について、恥ずかしながら、つい最…

花の鮮やかさ

国際通りの入り口に鎮座するシーサーもマスクを着用していました。 その背景にはシャッターを下ろしたお店の並びがずっと奥まで続きます。 観光客の姿はというか、歩いている人の姿が殆ど見えず、シャッターを上げた数少ない店の前で、呼び込みの人がお手上…

疫病に睨みを利かすシーサー

国際通りがシャッター街のようになっている。そんな中でもシーサーは、厳として変わらない。街を守っている。静かな通りを見て「昔の国際通りみたいだねえ」と地元のおばあが言う。沖縄は、何度も苦境をくぐり抜けている。そんな逞しさがある。今回だって負…

光の記憶

高知・黒潮町 2018年5月 高知・高知市 2018年5月 埼玉・川越 2015年5月 福島・大内宿 2015年8月 東京・銀座2015年5月

私的不定期名曲選『この曲もえーやん!』㉓ 東京は夜の7時 / PIZZICATO FIVE

PIZZICATO FIVE / 東京は夜の七時 外に出ることを控えている日々が続く 人と人の距離が遠い日々だ 東京が、日本が、世界中の街がまた賑やかに そして、会いたい人にすぐに会いに行けるような そんな普通の日々に 早く戻れますように

村長の帰還

家で過ごす時間が増えています。 そんな時には、今までやろうとして後回しになっていた事柄にのんびりと手をつけたりしています。 具体的には、FPの資格更新の為の講座の受講だったり、投資のスキルの本を読む事だったり、春からの、この一年間の様々な目標…

私的不定期名曲選『この曲もえーやん!』㉒ Yellow Submarine / The Beatles

The Beatles - Yellow Submarine 徐々に深く潜行してゆく潜水艦の中のような生活だ。 そんな時には、そんな時なりの楽しみがあるってもんだ。 買ったまま積んであった本やマンガを読み耽ったりしてみる。 自宅でゆっくりと音楽を聴くのも、思えば随分と久し…

沖縄の飲み屋界隈を歩く

転勤の楽しみとして、土地土地の「良い酒場」を見つけるというものがあります。 ぼくの好みは、安くて、大衆的で、美味いお店。そんなお店は、みんなも大好きですよね。 沖縄生活もようやく落ち着いてきて、この頃はふらりと飲み屋街を歩きます。 最近、よく…

お葬式

身内に不幸があり、急遽、九州大分へ戻ることになった。土曜日の19時過ぎに那覇空港を発ち福岡空港へ。そこからJR特急で大分に向かう。大分着は24時を回っていた。 お葬式に出るという事の感じ方は、年齢とともに変わってゆくように思う。1人の人間がその人…

人間の顔

子供の頃、ぼくが生まれた九州の海の近くの田舎町には、常識はずれのオモロイおっちゃんがけっこういた。 漁師町の路地では、酒に酔って上半身裸のおっちゃんたちが、頭にタオルの鉢巻を巻いて、格闘技のような本気の騎馬戦をしていたりした。その騎馬にしが…

街の記憶

ラビリンスのようなアーケードは、どこもまたそうであるように、シャッターが閉まったままの通りが続く。 廃墟のような通路を進むと、不意に光が溢れた一角に出た。薄暗い路地の中で、そこだけ光が満ち溢れ、電灯の下に酔客たちの上気した顔が並び浮かぶ。 …

ホテル・ハイビスカス

映画「ホテル・ハイビスカス」を観た。「ホテル・ハイビスカス」は2002年に公開された映画で、舞台は沖縄県名護市だ。この映画の風景や街並みには、沖縄の日常の空気感が強く出ていると思う。 <ストーリー>ホテル・ハイビスカスは一泊4千円のところ、…

旅情

本屋さんで気になる本を発見。離島への旅、憧れます。久し振りに旅の計画でも立てようかなあ。

心の洗濯しています

ただいま2泊3日の沖縄本島旅行中です。 写真は本部町備瀬の海岸です。 まるで夏休みのバケーションのポスターみたい。本日、2月9日の海とは思えませんよね。 今夜はのんびりしています。

沖縄マラソンに出るのだ(10kmだけど)

沖縄はマラソンが盛んな場所だなんだとか。 なんでも25歳以上の人口100人当たりのランナー人口は、東京、千葉に続いて全国第3位らしい。 一方で、「沖縄の人はとにかく歩かないよー」と地元の人から聞いた。ちょっと近くまで出かけるにも車やバイクを使うの…

一泊二日の出張で2度も食べたもの

先日の東京出張で、久し振りに崎陽軒のシュウマイ弁当を食べました。羽田空港の中でいつも買おうとするんだけれど、大体売り切れなんだなあ。しかし、今回はありました。ラスト一個のシウマイ弁当をゲット。ビールも買って弁当のおかずの竹の子をつまみなが…

渋谷を歩き、沖縄を思う。

東京出張のついでで、久し振りに渋谷へ行ってきました。 渋谷PARCOがリニューアルしたとかで、とても気になっていたのです。そうだ、この機会に!と。 久し振りの渋谷には、凄いエネルギーを感じました。ずっと前に来た時より、歩いていて外国語が耳に飛び込…

私的不定期名曲選『この曲もえーやん!』㉑ energy flow / 坂本龍一

Ryuichi Sakamoto - "energy flow" (from BTTB) - Official Music Video 先日の事。家のすぐ近くを歩いていると、高齢の外国人観光客夫婦に道を尋ねられた。 急に英語で話しかけられ不意を突かれたぼくの英会話力は、英語圏で生まれ育つ小学生くらいのレベル…

レトロ遊園地で過ごすお正月

レトロ遊園地で正月を過ごす。 レトロゲームに戯れエアホッケーに熱中しカツカレーも何だか懐かしい味 充分堪能しましたが、こいつをやらずには帰れません。別府ケーブルラクテンチ名物『あひるの競争』 おじさんの名調子も楽しみながら、鳥券?を買っていよ…

クリスマス タイム イン オキナワ

沖縄での初めての年末を過ごしています。 那覇市のゆいレール県庁前駅は、国際通りの入口に当たります。その県庁前駅と直結するリューボウデパート前には、クリスマスツリーが小さな光を纏っていて、暖かな沖縄にもクリスマスムードを醸し出しています。 そ…

街の記憶12

TVの中の有馬記も終わりまして、いよいよ年末ですね。 そんな年末雰囲気を感じつつ、M1を見ながらこれを書いています。ミルクボーイのコーンフレークで大笑いです。今年のM1面白いっ!! 思えば今年は大きな変化の1年になりました。夏に高知から沖縄へ転勤…

宮本輝を読む

学生時代によく読んでいた宮本輝の小説を読むことが、最近の大きな楽しみになっている。 『泥の川』からの三部作。男女が手紙をやり取りする形式で、それぞれの心情を表す『錦繍』。短編集だけど最も好きだったかも知れない『五千回の生死』。どれもまだ世間…