南風通信

みなみかぜつうしん あちこち 風のように

評判よりも、結局は好みですから

f:id:fuku-taro:20240520215514j:image

大分市内で人気で評判のつけ麺を食べたのだけれど、やっぱりぼくは、つけ麺よりもラーメンが好きだなあと思わされる。

 

たぶん、つけ麺としてはかなり美味しいものだと思う。昼前に訪れたけれど、とっくに満席で行列の後に並んで食べたつけ麺なのだ。

 

食べログも、4てんいくつのつけ麺なのだ。それでも、ぼくには合わないのです。来ちゃいけなかった。すまない気持ちになります。店内は美味しそうに食べている人ばかりなのに。

 

つけ麺としては、とても美味しかったです。こんな内容だから、店名が書けなくてすみません。

 

なんだか謝ってばかりの、つけ麺の巻になってしまったのだ。

懐かしいラーメンの味

先週のブログで書いたように、今年のGWは若い頃に転勤で4年半を過ごした鹿児島を訪れたわけです。

事前に、鹿児島旅行のテーマに、①西郷さんの銅像との再会 ②指宿の砂蒸し温泉 ③知覧の武家屋敷と特攻隊の記録を見る ④桜島を散策などを掲げました。

そして、勿論、鹿児島の美味いものを食らうということも。

 

ところがです。2泊3日旅行の2日目から喉が痛み始めました。

熱はなし。クシャミも咳もなし。鼻水出ない、と風邪らしい症状は殆ど無いのですが、喉の痛みだけが甚だしい。唾を飲み込むのもつらいほどです。

 

そんな状態で、折角のお料理の味も半分くらい分からない・・・。

そんな中、若い頃に通っていたラーメンの味だけは、しみじみと染みました。

当時は新進のラーメン屋でしたが、今はもう老舗の一角でしょうか。その名も「くろいわ」。

こちらも27年振りの再会でした。お店は全く変わっていませんでした。サービスの白い大根の漬物のお味もそのままです。

シンプルにラーメンを頂きます。当時は鹿児島ラーメンぽくないラーメンだと感じていましたが、改めて食べるととっても鹿児島ラーメンです。ああ、この味!!!

 

この時ばかりは喉の痛みも感じずに、ずずずずずーっと麺を啜り、スープを飲み干す。

しみじみと美味い。ああしあわせ。ふと、カウンターの向こうに20代の自分や先輩達が、笑いながらラーメンを食っている姿が浮かびました。

 

旅行から帰っての顛末なんですが、GW最終日に微熱が出てしまい翌日は仕事を休んで病院へ。インフル・コロナ陰性で薬をもらいますが、この直後から39度を超える高熱が出てしまい、結局、二日間仕事を休む羽目に。うーーん。参りました。

どうやら、風邪が流行っているそうです。皆さまも、どうぞお気を付けください。

27年ぶりの再会


f:id:fuku-taro:20240506213352j:image

今年のGWは鹿児島へ行ってきました。

全国転勤をしていた頃、20代後半の4年半を、この地で過ごしました。

 

その頃の鹿児島市は、新幹線も通っていなくて、今よりもずっと長閑な街たったと思います。北九州から鹿児島への転勤が決まった時には、正直、随分と田舎に行くことになっちゃったなあと思ったものです。鹿児島空港に降り立った時の強い陽射しを今もよく覚えています。南国に来たなぁと。

 

しかし、今になって思うのは、鹿児島は維新の電源地でありますし、偉大な人物を多く生み出した土壌でもありました。薩摩藩の時代から色濃く残るこの地の風土は、そんな気風を孕んでいました。人に優しく、芯のある人物が多かったように記憶しています。

 

ああ、あの頃、鹿児島への転勤を決めてくれた人達は、ぼくに期待してくれていたんだなぁと今は思えます。

 

27年ぶりに西郷さんに再会し、西南戦争で最後の指揮を取ったという城山の洞窟を巡り、終焉の地に立った時には胸に込み上げるものがありました。

 

20代後半をこの地で過ごした事は、今、ぼくの誇りとなっています。

しあわせの青い鳥


f:id:fuku-taro:20240429230827j:image

このところ雨模様な九州地方。

そんな中、この日だけは好天のバードウォッチング日和でした。

 

大分市にある県民の森で行われた、4月の月例探鳥会に参加しました。この日はオオルリを見ることが出来たのです。ヒマラヤスギのてっぺんにとまって口笛の音のようなきれいな声で鳴く青い鳥。幸せの青い鳥ってオオルリの事なのかしら。そんな思いが浮かんでくる程に、美しい鳥でした。

 

バードウォッチングは良いなあ。自然の中に浸って、鳥の事ばかり考える、見る。そんな時間は、とても心が開放される感じです。それに、野鳥の会大分支部の皆さんも、素敵な方ばかりで、何十年も鳥を見て来られた方達のお話は、とても面白いのです。

 

 

実力派ローカルタレント的なあいつ


f:id:fuku-taro:20240421214211j:image

大分名物として、中津の唐揚げは今や全国区だと思われるけど、もう一つの大分名物「とり天」は相変わらずローカルグルメのままである。

 

ぼくは、唐揚げよりも、とり天の方が好きだから、相変わらずローカルグルメに甘んじている、とり天チャンをもどかしく思っている。

 

この日は竹田、丸福とり天定食をいただきます。うん、これはうまい。

 

とり天の困った事には、大分県内でとり天を名乗って供される「とり天」の中に、どう見ても「唐揚げ」だろってツッコミたくなるような、「自称とり天」が少なくない、というよりも、はっきりと多いのである。

 

ここの、とり天チャンは正しく「とり天」でした。あーとり天うんまいーとホクホク顔になります。

 

まあ、唐揚げでも、とり天でも旨ければいいんじゃないかって思われるかもしれないですけど。

 

私的不定期名曲選『この曲もえーやん!』 怪物 / YOASOBI


www.youtube.com

 

 日本の首相がアメリカに公式訪問したというニュースの中で、この「YOASOBI」というワードとともに若い女性が紹介されていて、急に気になり始めた。

 TVの画面に映っていたのはボーカルの女性で、もうひとりの男性が「コンポーザー」と言うことらしい。

 

 で、「YOASOBI」が発作的に気になり始めてから早速したことは、アマゾンでCDを買うというなんとも2010年より以前のような行動だったわけです。気になるアーティストを見つけたらアルバムを聴いてみるというのが、ぼくの原則的なやり方。

 

 それでCDが到着するやいなや、期待とともにスバヤクCDプレイヤーにセットしてスタートを押す。それで流れてきたのがこの曲です。

 YOASOBIはこのCDしか聴いていないのだけど、歌詞がなんだか文芸的。現代詩のような散文のような歌詞に現代風の言葉な連なる。曲はどちらかと言えば懐かしいような音で作られているけど、構成なんかが新しいんだろうな。きっと。

 

 だけど、やっぱりポップソングは若者達に人気なものが良いですね。2020年代をとてもよく表している歌詞と曲だと感じました。そこから逆算して浮かび上がる現代の若者像は、とても賢くて、巨大になりすぎた社会システムを正しく理解しながら無力感、焦燥感を抱えているよう。

 今を生きる若者達はなかなか大変だよなあなどと、おじさん臭いことを考えてみるが、いつの世も若者は、しなやかにしたたかで心配ご無用といったところか。

 

なんとなくクリスタル

f:id:fuku-taro:20240331205236j:image

大分市の中心街に現れたヘンテコな車。焼き芋を作れるらしいけど、なぜこの形??

 


f:id:fuku-taro:20240331205502j:image

福岡で頑張っている姪に、仕事用のボールペンを送る。明日から新年度。身体に気を付けて頑張れ、頑張れと。

 


f:id:fuku-taro:20240331205717j:image

義母と熊本にドライブに行ってきたツマが、LINEで送ってきた写真。春が来てるなあ。ぼくは仕事の試験勉強でお留守番。4月になれば少しは時間に余裕が出てくるかな。お楽しみはこれからだ!

 

今回のタイトルに、全く意味はないのです。しかも、あの本は読んでないし。