南風通信

みなみかぜつうしん あちこち 風のように

私的不定期名曲選『この曲もえーやん!』 Shangri-La / 電気グルーヴ


www.youtube.com

 

この曲が発売されたのは1997年だそうだ。

今思えば90年代後半は、どこか薄ら寂しい時代だったと記憶している。

当時、世の中には小室哲哉の音が溢れていた。

その頃のぼくにとって、小室の音は「そんなに親しくない友人に誘われて連れて来られた、よく分からないパーティ」のような感覚を起こさせた。

ポップで、カラフルで、みんな笑顔なんだけれど、どこか白々しいっていう感じ。

 

2020年代(令和)に入って、少し世の中の流れが変わってきているな、と感じている。あの、薄っぺらくて、永遠に若かった平成は少しずつ遠くになっていくのだろう。

楽しみを待ちながら

2021.4 那覇市

 

まあ忙しい日々だ。

正月にのんびり過ごしたツケが回ってきたというところもある。

 

 昨年の秋から通信で資格試験の勉強を始めたのだが、正月ぼけで講義を数回すっ飛ばしてしまい、この土日で一回二時間の講義を4本見る羽目になってしまった。学生時代は勉強を避けて過ごしていた自分が、なぜか社会人になってから数十年も様々な勉強を続けている。今更気づくのだけれど、どうやら自分は勉強が好きなんだろうな。

 やればやっただけ成果に繋がるのが分かりやすいし、知らないことを知るのは視野が広がる。それはこんなおじさんになってもそうなのだ。新しい知識によって、自分が見えていなかったものが見えるようになる。また、それが誰かの役に立つのも嬉しい。

 

 資格の勉強以外にも、今日は引き受けたボランティアで半日を費やした。自分から望んでやっていることなので良いんだけど。

 

 今月中に、福岡へ一泊で出かけることになりそうなので、楽しみを込めた情報収集もしたい。福岡で一泊なんて何年ぶりだろう。今の福岡を楽しみにしている。久し振りに姪とも食事が出来そうだ。

 それと、丁度ソール・ライターの写真展を福岡市美術館でやっているらしいので、そちらも覗こうと思っている。

 

のんびりとゆっくりと

今年の正月は本当にのんびりと過ごしました。

昨年、長い転勤族としての生活に区切りをつけて地元に戻ってきたので、里帰りというものをしなくて済むというのも気楽でした。

 

そんなこともあってか、日頃の忙しさを一旦脇に置いて、ずいぶんと久し振りに子供のように遊んで過ごしたのでした。

大晦日から元旦に年が変わる頃から、この年末に買ったばかりの「スプラトゥーン3」を始めたのですが、あっという間にハマってしまって気がつけば朝の5時を回っていました。一年の計は元旦にありなんて言うけれど、こんな5時間近くもゲームに興じて新年の迎えるなんて、これでいいのか?俺!?

 

もう一つ、元旦からプロレスのインターネット中継をやっていて、年季の入ったプロレスファンとしてしっかり観戦しました。長年プロレス界のヒーローであり続けた武藤敬司選手の引退が近いという事で、特別感のある試合でした。プロレスファンには分かるでしょう。

 

正月2日は父と弟の3人でのんびりゴルフでした。ぼくは、普段あまりゴルフをやらないのですが、弟がゴルフばかりやっている男で、まあ正月くらいは親子3人でラウンドしますかとなったわけです。

思いの外、暖かな1日で、寒さ対策で準備したZIPPOのオイル懐炉も必要がないくらいででした。スコアもつけずに笑い声が絶えない良い時間を過ごしました。まあ親孝行ゴルフですね。

 

 

3日は箱根駅伝を眺めて過ごしました。母校の奮闘を見守り、シード権の獲得に安堵しました。

 

そして、気がつけば今日は8日!!

 

今年はブログの記事でやってみたい企画もいくつかあるので、自分会議をしつつ、のんびりと書いていきたいと思います。

 

随分と遅くなりましたが、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

モーニングを35年読んでいる


f:id:fuku-taro:20221211211209j:image

週刊モーニングを35年くらい読んでいる。

昔は、週間コミックモーニングだったような気がするが、いつからか変わったのかしら。

 

ずっと、ぼくが買って読んでいたんだけど、ハコヅメの連載が始まってから、ツマの方が先に買って読むようになってしまった。その後、ハコヅメは戸田恵梨香と永野芽郁でドラマ化され、「漫画のテイストをよく再現してるよねー」「漫画も良いけどドラマも好きかも」なんて言いながら、ツマと毎週楽しみに観ていたのだ。

 

ぼくが最初に読み始めた頃の作品は、大東京ビンボーマニュアルだとか、右曲がりのダンディーなんかだった。ホワッツマイケルも人気だったよね。あの頃、ハートカクテルを読んだ少年は、二十歳になるとバーに行ってドライマティーニを頼んだものだよ。

 

そして、それから今に至るまでずっと連載をしているのが、ご存知クッキングパパ。この漫画はリアルタイムで時間が流れていて、小さな子供だったまことは、沖縄の大学に進学後、社会人になり京都で料理の修行をしているはずだ。

 

35年も読んでいると、連載漫画はどんどん入れ替わっていくのだけれど、クッキングパパがある限りモーニングらしさは失われないと思う。

 

最近も面白い漫画が多く連載されている。ドラマ化されたところだと、イチケイのカラスとか、きのう何食べたなんかが思い出される。あとコウノドリもあったっけ。

 

サッカー漫画のジャイアント・キリングに、野球漫画のグラゼニも長く楽しんでいる。どちらも単なるスポーツ漫画に収まらないところがいいのだ。

 

さて、年末年始は、溜まっているモーニングのまとめ読みをしようと、楽しみにしている。どっぷり漫画に浸る時間をとるのだ。にんまり。

寝不足の日々(もちろんサッカーで)

2022年11月 大分市

 

12月に入りましたね。師走ですね。

なんとなく忙しくなってゆきます。これからどんどんとね。

そんな時こそ、やるべき事をひとつひとつやっていくしかないんでよね。

 

世間はサッカーW杯で日本代表チームの、予想外の活躍で大いに盛り上がっています。

ぼくは小学校3年生から中学校3年生までサッカーをやっていましたが、その当時はJリーグもまだ無くて、サッカーっていうのは非常にマイナーでマニアックなスポーツでした。

 

当時のサッカーマガジンの付録のポスターがポーランド代表のラトーという選手だったたのをこどもの記憶で覚えています。髪の毛が薄く、あんまり格好良さを感じなかったけれど、そんなことを言ったら怒られそうなくらい凄い選手らしいです。まあ、知っている人も少ないですよねえ。正直、ぼくもそんなに詳しくはないんですけどね。

 

今大会でドイツとスペインを破ったことは、もちろん嬉しいのは嬉しいのだけれど、どこか当惑するような気持ちも少しあります。日本相手にドイツやスペインがあんなにあたふたしているのを見たことがなかったからです。ドイツ、スペインの選手に対して「え、なんで?どうしたの?」と感じながら早朝のTVを観ていた部分もありました。

 

回を重ねるごとに年齢も重ねるので、深夜や早朝の試合を見るのがつらくなってきました。渋谷のスクランブル交差点の例の映像なんかを見ると、若さってああだよなあ、と思ってしまいます。

 

さあて、決勝トーナメントの初戦、クロアチア戦も月曜日の午前零時からだっていうし、しんどいなと思います。結局観るんだろうけど、どこかの国みたいに休日にしてほしいよ。本当に。

 

でも、今まさに日本サッカーにおいて歴史的な時間を過ごしていると思うし、ここは気合いを入れて応援するしかないでしょう。たぶん、これからずっと語り継がれていく試合を、いま観ることができているのですからね。