南風通信

あちこち 風のように

冬から春へ

f:id:fuku-taro:20190217163128j:plain

【2019.1.23】

2017年10月から期間限定で運営された高知市のミニシアター「kinema M(キネマM)」が、一旦休館となりました。

最終日の夜、建物の正面のボードには、

「THANK YOU!  WE‘LL  BE  BACK  IN  2021」の文字が、並んでいました。そして、「MI・TE・RO・YO!」

カメラを構えていると、奥から kinemaMの代表で映画監督の安藤桃子監督が、ふらりと出て来られました。その瞬間をパチリ。

この映画館のお陰で素敵な映画に出会う事が出来ました。感謝です。

終わりは始まり。そして2021年にもう一度。

 

f:id:fuku-taro:20190217165758j:plain

f:id:fuku-taro:20190217165847j:plain

f:id:fuku-taro:20190217165929j:plain

【2019.2.3】

釣れない釣り人の活動も始まります。2月の波介川は、まだ冬の表情です。

この日、今年最初の魚が釣れました。本命のバスではなくニゴイ君でした。冷たい風に手がかじかむこの時期、オイル式の携帯懐炉が重宝します。

 


 f:id:fuku-taro:20190217165010j:plain

f:id:fuku-taro:20190217170707j:plain

【2019.2.10】

高知市のグリーンロードにある屋台「ボギー亭トラちゃん」には、ちょくちょくお邪魔しています。

ここの大将は、ゴルフと阪神タイガースが大好きだそうで、それでこんな屋号になったそうです。

ピンクの細長い蒲鉾のようなものは「すまき」といいまして、高知独特のおでん種です。いも焼酎のお湯割りと合わせて、冬の屋台もぽかぽかです。

 

 

 

f:id:fuku-taro:20190217171520j:plain

【2019.2.17】

下手な写真を続けています。写真を始めてから光に敏感になったような気がします。どこに光が当っているか、どこから光が射しているか。

近所の公園で、小さな桃の花が咲いていました。逆光気味にシャッターを切りながら、降り注ぐ光に春を感じます。