南風通信

あちこち 風のように

クリスマス タイム イン オキナワ


f:id:fuku-taro:20191229222427j:image

 

沖縄での初めての年末を過ごしています。

那覇市のゆいレール県庁前駅は、国際通りの入口に当たります。その県庁前駅と直結するリューボウデパート前には、クリスマスツリーが小さな光を纏っていて、暖かな沖縄にもクリスマスムードを醸し出しています。

 

そんなムードと裏腹に、沖縄の12月は本当に暖かい。12月17日には最高気温が27度を超えてしまいました!夏日ですよ。常夏ってこの事なのかしらん?

 

クリスマスイブの24日は23度、25日には25度を超えてしまい、ホワイトクリスマスなど当然望める筈もありません。

 

そんな日の昼下がりに街を歩いていると、サンタのコスチュームに身を包んだ若い男が通行人にチラシを配っているのが見えました。この時間の裏通りは人通りもまばらで、広告サンタの手にしたチラシの束は消化不良の様子です。そんなサンタとぼくは目が合ってしまい、彼の白い髭の上のくりくりした目が、ぼくをターゲットと定めたのを見てとりました。

 

「ふおーっ、ふおーっ、ふおーっ!」

突然、広告サンタの若い男が大きな声で言いました。こんな「ふおーっ、ふおーっ、ふおーっ!」は、バルタン星人以外は(バルタン星人分かりますよね?)発しないだろうと言う感じのものでしたよ。

 

ああ、これはサンタクロースのおじいさん風に笑っているのだと理解するのに少し時間がかかりました。ぼくが、たじろいでいると「メリーーー、クリーースマーース!」と、微笑みながらチラシを持った手を伸ばしてきます。ぼくは少し恥ずかしくなりながらチラシを受け取りました。受け取るしかないじゃないですか。この通りにはサンタとぼくしかいないのですから。罪のない満面の笑みのサンタを、置き去りにはできません。

 

 そんなぼくに向かって再び「良いクリスマスをーーー。ふおーっ、ふおーっ、ふおーっ!!」と。

広告サンタは最後までやりきりました。あっぱれ。

 

そんな彼を、頑張ってるなあーと思い、貰ったチラシに目を落としまします。マッサージ屋さんのチラシでした。サンタも頑張ってるから今度一回マッサージ行ってみようかなあ、などと思いながらお店の場所を見てみると、そこには何故か福岡市の住所と地図が。

 

ん???どういうこと?


なんで那覇市の中心街で、福岡市の国体道路沿いのマッサージ屋さんのチラシを配っているの? 謎です。

 

謎が解けることは無く、サンタも汗だくになりそうな、クリスマスの昼時の事でした。

 

頭の上に?マークを沢山浮かべながら歩くぼくの前を、Tシャツ短パンにビーチサンダルのおじさんが歩いてゆきます。

ここは那覇市。国際通り近くの露地でのクリスマスの日は、こんな風に過ぎてゆきましたとさ。

 

f:id:fuku-taro:20191229230954j:plain

 

f:id:fuku-taro:20191229231044j:plain