南風通信

あちこち 風のように

うどんリベンジ

f:id:fuku-taro:20190630095404j:plain

 

もう随分昔の事のようですが、今年のGWの10連休は妹たちを連れて香川県を訪れました。香川行きの目的はうどんです。それも「かまたまうどん」の発祥の店「山越うどん」さんに、どうしても連れて行きたかったのです。

山越うどんとの出会いは結構古くて、20年ほど前の事になります。当時勤務していた東京都内の職場に、同期入社のTくんが高松から転勤してきました。やがて東京生活に慣れた頃、彼は力を込めて主張するのです。

「東京のうどんは不味い」

「香川のうどんは死ぬほど美味い。そして安い」

職場に東京生まれの上司がいて最初は笑って聞いていましたが、度重なる強硬な彼の主張に、ある日、ややうんざりしつつ言いました。

「そんなに美味いなら香川まで食べに行ってやるから案内しろ」

そして、それに同調した者たち(お調子者たち)が同行する事になり、総勢7名が品川発の夜行列車に乗り込んだのでした。

その後、2泊3日の目くるめくうどん体験をする事になるのですが、詳細はここでは割愛します。でもその時、Tくんが香川うどんの実力を知らしめるために、満を持して、朝一番の1件目に皆を案内したのが「山越うどん」だったのです(その後4件のうどん店をハシゴしました)。香川県が「うどん県」と呼ばれる遥か昔の話です。

f:id:fuku-taro:20190505081814j:plain

GWの時は午前9時の開店前に完売

f:id:fuku-taro:20190505081909j:plain

残念な気持ちで行列を眺めました

 

 

ところで、うどんの話を書いていますが、今回の香川行きの本来の目的は、家人の高校時代の友人に会いに行くことでした。九州出身の同級生は縁あって香川県に家を買って住み着くことになったそうです。ぼくと家人の高知生活も3年近くなり、そろそろ異動もあり得るだろうという事で、会えるうちに会いに行きたいと言う家人の、付き添いドライバーとしてやって来たのでした。どうせ香川に行くならと、山越うどんのリベンジを主張したのはもちろんぼくでした。

 

f:id:fuku-taro:20190630095546j:plain

午前8時半に到着。高知からは高速で約2時間といったところです。この日も既に多くの人が並んでいましたが、9時開店のところを早めに開店してくれたそうで、行列もスムースに流れてました。

多くのお客さんの注文を1人で捌く女将さんの仕事ぶりに感心しながらオーダーを済ませます。もちろん「かまたまうどん」で決まりです。トレイに「かまたまうどん」を乗せて先に進むと、天ぷらなどの揚げ物コーナーが現れます。これがまた、たまらなく魅力的。ちくわ天とカニクリームコロッケを頂きます。

 

f:id:fuku-taro:20190630095636j:plain

f:id:fuku-taro:20190630105238j:plain

1人で注文を捌く女将さんの仕事ぶりは見事

f:id:fuku-taro:20190630105338j:plain

f:id:fuku-taro:20190630105417j:plain

f:id:fuku-taro:20190630105507j:plain

「かまたま大」と、ちくわ天、カニクリームコロッケ

f:id:fuku-taro:20190630105538j:plain

う、ドーンと登場!会いたかったよ、うどんちゃん

 

 久し振りの元祖かまたまうどんを堪能しました。やっぱり美味い。うどんのコシも滑らかさも絶妙で、うどんそのものが美味いから生たまごを落としただけでこんなに美味いんですね。

敷地内にはお土産コーナーもあり、ここからお土産うどんを全国発送できます。九州の妹たちに、うどんと、かまたまのつゆのセットを送りました。

 

f:id:fuku-taro:20190630111419j:plain

 

うどんリベンジを果たした後、本来の目的である家人の同級生宅へ。とても素敵な日本家屋の一軒家にお邪魔させて頂き、おもてなしされました。約3時間、なんの脈絡もない会話が大いに盛り上がりました。初めて会った家人の同級生に「初対面でしたよね?」と笑われるほど打ち解けた雰囲気の、楽しい時間でした。

 

うどんリベンジに成功した我々でしたが「仕返しは倍返し」が通説ですよね?そこで、帰り間際には香川ご当地グルメの雄「一鶴」の「骨付き鳥」も頂きましたよ。何だか食べてばかりで反省です。でも、四国は美味いものが多いなあ。

f:id:fuku-taro:20190630111516j:plain

f:id:fuku-taro:20190630111545j:plain

f:id:fuku-taro:20190630111620j:plain

 どどどーんと登場。一鶴の骨付き鳥「ひな鳥」