南風通信

あちこち 風のように

街の記憶4

f:id:fuku-taro:20180107004507j:plain

年末の海を渡る船の中で人々は少し疲れて退屈そうだ。

風が強く波が高い。時折、ゆらりと床が持ち上げられるように揺れた。

ゆらり ゆらり ゆらりと船は揺れた。

この海の向こうに懐かしい街があるんだ。

久し振りの街を ぶらり ぶらり ぶらりと歩いてみようかな。

あの頃を思い出しながら ゆらり ぶらり ぶらり ゆらり。

f:id:fuku-taro:20180107004540j:plain

f:id:fuku-taro:20180107004616j:plain

f:id:fuku-taro:20180107004649j:plain

f:id:fuku-taro:20180107004722j:plain

f:id:fuku-taro:20180107004756j:plain

f:id:fuku-taro:20180107004836j:plain

f:id:fuku-taro:20180107004913j:plain

f:id:fuku-taro:20180107004946j:plain