南風通信

あちこち 風のように

南国土佐のニュー・シネマ・パラダイス

f:id:fuku-taro:20170701002123j:plain

 

ぼくの生まれた街には小さな映画館があった。

商店街の細い通り沿いの古びた八百屋の二階にそれはあった。

 随分と昔のこと。

その八百屋の二階の小さなシアターの座席は、ぼくにとってまだ見知らぬ世界への入り口だった。

高校生だった頃、ここでやってる映画ならとにかく何でも見ていた時期がある。

地方都市の少年は、ここで映画見るたびに少しづつ大人になっていった。

 

ある日、暗い館内でシートに身を埋めていた時に、ぼくは確かに「この街を出て、まだ見ぬ場所へ行こう」と思ったのだ。

 

あれから随分の時が流れて、ぼくは今ここにいる。

 

古びた八百屋はその後、ローソンに変わってしまったが、思い出のシアターは今もそのビルの二階で映画をかけ続けているらしい。

 

ぼくは小さな映画館が好きだ。

 

 

2017年のここ高知市にも、古びた商店街の脇に小さな映画館がある。

その名を「あたご劇場」という。

ミニシアターで名画座な地元の名物映画館だ。

 

昭和の最盛期には高知市内中心部には28件の映画館があったそうだ。

それが今では、ここあたご劇場と大手シネコンの二件のみ。

 

入れ替えなしで途中出入り自由。料金は一般1000円、シニア・学生800円。日本一安い映画館を自負している。

 昭和30年開館。料金も建物も昭和の時間が止まったままのようだ。

建物は傷んで正直、廃屋一歩手前のよう。初めての方はきっと入場に二の足を踏むだろう。

でも、ここには映画愛が滲んでいる。隅々に映画愛が染み込んでいるのを感じる。

 

先代が立ち上げ、二代目が受け継いだ小さな映画館に今日も常連が通う。

ぼくもしばらくは新しい常連に交ぜてもらおうか。

この愛すべき映画館で。 

 

f:id:fuku-taro:20170701003307j:plain

f:id:fuku-taro:20170701002616j:plain

f:id:fuku-taro:20170701020204j:plain

f:id:fuku-taro:20170701020437j:plain

f:id:fuku-taro:20170701020318j:plain

f:id:fuku-taro:20170701204139j:plain

f:id:fuku-taro:20170701020351j:plain

f:id:fuku-taro:20170701204229j:plain

f:id:fuku-taro:20170701204309j:plain

f:id:fuku-taro:20170701204352j:plain

f:id:fuku-taro:20170701003120j:plainf:id:fuku-taro:20170701020242j:plain