南風通信

あちこち 風のように

ベトナムランチに導かれて

f:id:fuku-taro:20170528012046j:plain

金曜日の夜の事。よく行く居酒屋のカウンターで一人飲んでいました。

お店の名前は高知市の名店「葉牡丹」です。ここは安くて美味い、良い居酒屋の見本のようなお店で、ちょくちょく一人でも行ったりします。

 

いつも通り「フライ盛合わせ」と生ビールでスタートします。ここの「フライ盛」は、250円です(安い!)。エビや魚や野菜などを串揚げにして刻んだキャベツの上に4本並べ、ソースを回しかけたもの。アツアツのカリカリをかじり、ビールで流し込む。うーーーん、しあわせ。

やがてこってり味噌でモツを煮込んだ「土手焼き」で日本酒「土佐鶴」の冷やを飲む頃には、心身ともにほぐれてなんとも良いカンジになってきましたね。ハイ。

不意に「観光客の方ですか?」と、カウンターの隣に掛けていた女性二人組から声をかけられました。ぼくよりもだいぶん先輩のお姉さまたち。たぶん60代半ばくらいではないでしょうか。そのうちの一人は現役で美容院を経営してるとか。

「転勤で高知に来ています」と答えた後、坂本龍馬の話などしていると、意気投合してしまいました。お二人は夕方から餃子をつまみに生ビールを二杯づつ飲んでからこの店にやって来たとか。さすが土佐のはちきん。パワフルです。

自分のお酒が空いてしまった後、お姉さまたちの飲んでいた四万十の焼酎「ダバダ火振」をご馳走になりました。この「ダバダ火振」は確か栗焼酎です。一時期は人気で入手困難だったとかで、初めて飲みましたがほんのり甘く飲みやすく美味しいです。

お二人が力説するには「高知はうまい店が多い」との事。まずい店はしばらくすると「もう、つぶれちゅう」らしいです。

そんな流れで、食と酒にはうるさいお姉さま方が「美味しい店」教えてくれました。その中の一つにあがったのはベトナム料理の「スアン」。ここはぼくも気になっていたお店でした。

いろいろご馳走になって、またどこかでお会いしましょう、とお別れしました。高知のお酒は楽しいお酒です。

 

次の日、土曜日の午前中。いつもお世話になっている。整骨院へ行きました。カーテンで仕切られた診療台の上に横になっていると、先生と若い女性の患者さんが、ランチの美味い店について話しているのが聞こえてきます。どうやら昨晩「はちきん姉さま」から聞いた「ベトナム料理 スアン」の事を話しているようです。「フォーのランチが安くて美味いよ」と、酒は飲まないけど、食べ物には一家言を持つ先生が熱を帯びた声で話していました。

「むむむ。12時間のうちに、一度ならず二度までもスアンの噂を耳にするとは。これはきっと導かれてる(?)」

勝手な解釈でこの日のお昼は、街中で噂の(?)「スアン」へ出かける事にしました。

 

帯屋町のアーケードに向かって歩きます。途中、いつも猫がいる路地、通称「ネコ路地」を覗きますが、今日はお出かけ中の様子。郵便配達のおにいさんが仕事をしてました。

f:id:fuku-taro:20170528003231j:plain

 

ぶらぶらと歩くと、高知市の中心街は大きな工事がいくつか進行していて、工具の音が土曜のお昼時の気だるい日差しの下に響いています。街が新陳代謝しているのでしょう。活性化してくれればいいですよね。

 

f:id:fuku-taro:20170528003034j:plain

f:id:fuku-taro:20170528003319j:plain

 

さて、お店は帯屋町のアーケードから一本脇に入った路地にあるビルの二階にあります。ビルの名は「暖流ビル」。高知ですなあ。

 

f:id:fuku-taro:20170528003601j:plain

f:id:fuku-taro:20170528003507j:plain

 

 11時45分くらいには着いたのですが、すでに満席。やっぱり口コミに上るだけあって人気のようです。少し大陸的でやわらかなお顔の女性が「今から皆さんお食事ですから、45分から1時間くらいはかかると思います」と申し訳なさそうに言います。ここまで来たら食べたい!時間をつぶしてもう一度来ることにします。

 

f:id:fuku-taro:20170528004258j:plain

通りで目に付いたゲームセンターに入ってみることにしました。ゲームセンター行かなくなりましたねー。昔は、遊んだ帰りなんかにすることが無いと皆でゲーセン行ったものですが「今はどんな風になってるんだろう」と気になったんです。

クレーンゲームやプリクラ機が並び、奥でレースゲームに興じる少年がいました。見るとはなしに眺めていると、その奥に「全身体感3Dホラーゲーム」なるものを発見。ホラーとか嫌いじゃないです。むしろ好き。

早速やってみました。ボックスシートに座り3D眼鏡をかけるとバイオハザードのような感じの世界に入り込みます。無数のゾンビや昆虫や動物と人間が融合したようなモンスターが襲い掛かって来るのを倒しながら脱出するというもの。全身体感をうたうだけあって、窓辺に立つシーンでは首の後ろからそよ風が流れてきました。恐ろしいシーンやモンスターの攻撃を受けると座席が振動します。また、突然顔に空気が「ぷっ」と吹きかけられ驚きます。なかなか楽しめます。

f:id:fuku-taro:20170528004006j:plain

f:id:fuku-taro:20170528004104j:plain

f:id:fuku-taro:20170528003916j:plain

f:id:fuku-taro:20170528003822j:plain

頃合いを見計らってお店に戻ります。

ようやく「スアン」のランチにありつけそうです。ぼくが入った時も満席。1つだけ空いたばかりの席を片付けてくれました。店内は女性グループがほとんどです。一組だけご夫婦らしきカップルがいましたが、男の一人客はぼくだけです。普通ならこんな時躊躇しそうなものですが、ぼくは怯みません。だってぼくの美味い物センサーが鳴っているのです。

f:id:fuku-taro:20170528003658j:plain

 最初に出てきたのが生春巻き。滑らかな春巻きの皮の下でエビの赤味が透けています。何だかセクシー?!とにかく美味そう。甘みの強いエスニックなソースに合わせて頂きます。

お次はチャーハンです。これもまたうまいです。チャーハンの美味い店は間違いないと思うんです、ぼく。

f:id:fuku-taro:20170528010623j:plain

f:id:fuku-taro:20170528010756j:plain

 そしてメインの海鮮のフォー。平たい麺がとても滑らか。スープは塩味で余計なものがないシンプルな味。そこにエビやイカにホタテなどの海鮮の風味が漂います。体に優しい美味しさです。付け合わせの赤唐辛子はメチャ辛いので入れすぎ注意です。

f:id:fuku-taro:20170528010710j:plain

f:id:fuku-taro:20170528010857j:plain

f:id:fuku-taro:20170528010940j:plain

f:id:fuku-taro:20170528011023j:plain

デザートまで付いて960円。安くないですか?

噂に違わぬお味でした。ご馳走様。昨晩「はちきん姉さん」に聞いた美味い店はまだまだあります。また今度巡ってみようと思います。

 

loco.yahoo.co.jp