南風通信

あちこち 風のように

キリンジを送る

f:id:fuku-taro:20191207151121j:plain

11月の下旬の東京は肌寒くて、冬の訪れが近い事を思い出させてくれた。

久し振りの東京出張なのだ。

 

沖縄生活一年目で、当地での初めての秋冬を迎えようとしているのだけど、もう本土と感覚にズレが生まれているようだ。

この記事を書いている12月7日だって、那覇市の最高気温は18度の予報。ちなみに東京のそれは9度だ!

 

それはそうと東京出張で、学生時代の後輩と飲む事になった。後輩と言っているけれど、ぼくの中では数少ない大切な友人の一人だと思っている。ぼくは、そんな彼の事を親しみを込めて「そうちゃん」と呼ぶ。

 

「そうちゃん」との待ち合わせは、手羽先がウリの大衆酒場。飛行機が少し遅れ、羽田から直で店に急いだ。

f:id:fuku-taro:20191207151219j:plain

Googleマップを睨みながら、そうちゃんが予約したお店を探す。やがて、辿り着いたその場所の店構えを見ながら嬉しくなる。

そのお店は「ザ・大衆酒場」という表情なのだ。学生時代からぼくらは安酒の飲めるお店が大好きだった。お店で飲めれば良い方で、線路沿いの目覚まし時計が不要のアパートに仲間たちが集まって、「大五郎」を飲みながら、くだらなくも真剣な会話を楽しんだものだと思った。

 

f:id:fuku-taro:20191207151306j:plain

 

しばらくぶりの再会を乾杯で祝うと、いつものようにどうでもよく、取り留めのない雑談ダダ流しの時間に。話題は最近読んだ本の事や、音楽や映画の事、何故か空手の起源についての考察などから、世相や政治経済にまで広がる。この他愛もない雑談の時間ほど贅沢なものはないなあ、と思うのは最近の事だ。

 

f:id:fuku-taro:20191207151342j:plain

 

この酒席で、そうちゃんが熱く語ったのが「キリンジ」というバンドの事。あの有名な「エイリアンズ」を歌ったバンドだ。

彼が、「あのユーミン(松任谷由美)が、キリンジのエイリアンズを初めて聴いた時に、『やられた』といったんですよ!」と嬉しそうに言いながら、ビールを流し込んだのは良い光景だった。

 

 

www.fuku-taro.net

 

後半は村上春樹論となり、ねじまき鳥を最高傑作だと言う、そうちゃんと、初期三部作+ダンス・ダンス・ダンスにこそ村上春樹の本質があるというぼくの議論は、何杯目か分からないビールとハイボールのお陰でぐにゃぐにゃな展開になって可笑しかった。

 

f:id:fuku-taro:20191207151423j:plain

 

久し振りの東京から戻って暫くが経って、今、この記事をキリンジのアルバム「キリンジ・3」を聴きながら書いている。このアルバムのCDを、そうちゃんがわざわざ送ってくれたのだ。CDが売れない時代にCDを聴き、郵送でそれをやり取りするぼくらは、きっと少しづつ時代からずれている。でもね。だからこそ心安く、楽しいんじゃないか。

 

ぼくが東京の端っこで暮らした時代は、もう随分と昔になってしまった。あの頃の東京はもっとキラキラしていたんじゃなかったかなあ、なんて思う。

2019年の初冬。少し疲れているように見えた東京の街で、古い友人との無駄話が、コントラストを効かせて輝いたような夜だった。

私的不定期名曲選『この曲もえーやん!』

www.youtube.com

 

この曲は僕にとって、少しだけ特別な曲だ。

若い頃に付き合っていた彼女とふたり、中央線のホームに並んでいた。その時、彼女が耳にイヤホンを当てていたので、ぼくは彼女に聞いた。

 

「なにを聴いているの?」

 

ぼくより背の低い彼女は、少しいたずらっ子のような顔でぼくを見上げ、彼女の右のイヤホンを外して、ぼくの左耳にそっと当てた。

そして、流れてきた曲がこの曲だった。

この曲が、映画のテーマソングだと教えてくれたのも彼女だ。

若き日の永遠の一瞬。

 

 

高知の事を思い出す

f:id:fuku-taro:20191117220734j:plain

 

 11月も半ばを過ぎたというのに、今日の那覇市の最高気温は27度でした。今年の8月に沖縄にやって来て、沖縄の秋冬を初めて体験するわけですが、気温や湿度など、ここ最近が一番過ごしやすいです。

 那覇市の10月11月はイベントが多くて、お出かけ先には事欠きません。今日は「離島フェスタ」という催しが沖縄セルラースタジアムで行われました。沖縄の離島の名産品が一堂に集まっていて、見る物みんな珍しくてとても楽しめました。そんな沖縄生活一年目を過ごしています。

 

 ツイッターを眺めていると、『龍馬生誕祭2019』が行われたとの投稿を見つけました。ああ、もうそんな季節かあ、と気付かされながら、高知市上町の『龍馬が生まれた町記念館』の事を思い出したりしています。

 

 そういえば、高知に住んでいた時に、この『龍馬が生まれた町記念館』の事をブログに書こうと思い、館内をカメラでパシャパシャ撮りながらメモを取っていたら「取材ですか?」と職員の方に声をかけられた事がありました。結局、その時の写真とメモはそのままになっていて、記事はお蔵入りとなってしまいました。機会があればブログに載せたいと思ったりもします。実は高知のお蔵入り記事が結構あるんですよね。

f:id:fuku-taro:20191117220208j:plain

f:id:fuku-taro:20191117220328j:plain

 

11月も半ばを過ぎれば、高知では寒い日も増えてきます。「冷ようなった、冷ようなった(ひようなった=寒くなった)」と、土佐弁で独り言を言う、近所に住んでいたおばあちゃんを思い出します。お元気かな。

 

 今週は東京出張もあるし、週末には親戚が沖縄に遊びにやって来るし、忙しくなりそうです。さあ、頑張りますよん。

 

 

結局、観たんですよね「JOKER」

f:id:fuku-taro:20191110233238j:plain

f:id:fuku-taro:20191110233340j:plain

 

 結局、観たんですよ。JOKERを。

 観たのは3週間ほど前の事になるんですけど、ブログに書かずにいました。あまり書きたい映画でもなかったんですよね。

 

 随分と前評判が高かったですし、TVの映画番組で「ダークナイト」を見た後でもあったので、テンションも上がってたんでしょう。ぼくも。

でも、実際に「JOKER」を観てみて、正直、そんなに面白い映画だとは思わなかったんですよね。

 

 アメリカ社会を風刺しようとした映画だと思うんですが、バットマンの「JOKER」というモチーフを使わなければ、お話としてはとても地味な映画だと思うんです。ただ、映像はとてもスタイリッシュでした。売れる映画の映像ってこういう感じなんだなあ、と思いました。

 最近、車を走らせている時に、カーラジオから「ホワイトルーム」が流れて来て「やっぱ、良い曲だなあ」と思ったんですが、この映画のせいだったんですね。映像と音楽はとてもお洒落でした。

 

 映画を観終わって、何となく元気が無くなってしまいました。この映画を高く評価している人も多いと思いますが、ぼくは単純に見終わった後に「元気が出る」ものや「幸福感に包まれる」映画の方がやっぱり好きだなあと思いました。お金を出してわざわざシアターで観るのであれば。

 そんな事を書いていながら、自分の好きな映画リストの上位に「ゴットファーザー」シリーズがあったりするんですけどね。この前、「世界の涯ての鼓動」を観たばかりで、なんか最近映画づいてきてるなあ。

 

www.fuku-taro.net

 

 「JOKER」の事を書くつもりもなかったのに書いてしまったのは、今週の記事をこの時間まで書けなかったからなんですよね。何かネタあったっけと思いながらキーを打っていたら、こんな風になってしまいましたとさ。

 

おしまい。

 

 

 

「沖縄の産業まつり」で沖縄の奥深さに触れる

f:id:fuku-taro:20191103084538j:plain

 

  観光で訪れただけでは分からない「その土地の魅力」というものがあります。その土地の名産品だったり、土地ならではの料理だったり等々を発見するのは、転勤族の楽しみの一つでもあります。

 

 そんな地元の名品が一堂に集まるイベントが、那覇市の奥武山公園で10月25日から3日間にわたり行われました。その名も「沖縄の産業まつり」です。どストレートなネーミングですが、この「沖縄の産業まつり」は、凄いんです。

 正直、ぼくはあんまり興味はなかったんですけど、ツマが「面白いらしいよ」と言い張るので行くことになりました。結果、「行って正解!」のイベントだったんです。我が家では「ツマ案件に外れなし」というジンクスがあったりするのです。

 そんなツマがどうしても行きたかったブースがこちら沖縄鋳鉄工業さんのブースです。

 

f:id:fuku-taro:20191103085009j:plain

 

 この沖縄鋳鉄工業さんは、「ご当地マンホール」を発明した会社なのです。「ご当地マンホール」もしくは「デザインマンホール」とも言いますが、その土地にゆかりのものを刻んだマンホールの蓋ってありますでしょう?あれの事です。

 

f:id:fuku-taro:20191103084803j:plain

 

1972年に本土復帰した沖縄には、本土から県外製品が大量に流入してきました。地元沖縄の企業は、それに対抗しなければならなかったのです。生き残りをかけた沖縄鋳鉄工業さんは、市役所と相談して「デザインマンホール」を生み出しました。ここ那覇市は「ご当地マンホール」発祥の地でもあるのでした。

この沖縄鋳鉄工業さんのブースでは、沖縄県のご当地マンホールのデザインを用いた缶バッジを作ってもらえます。しかも無料で!

 ただし、作ってもらえるのは輪投げに成功した人だけです。まあ、誰でも成功するのですが。

 

f:id:fuku-taro:20191103085228j:plain

f:id:fuku-taro:20191103085106j:plain

f:id:fuku-taro:20191103085308j:plain

デザインを選んで、機械に缶バッジの部品を入れてガッチャンコすれば・・・

f:id:fuku-taro:20191103085524j:plain

どうです素敵でしょう?ぼくは那覇市。ツマは沖縄市のデザインのものにしました。良い記念になりますよね。

 

ご当地マンホールと沖縄鋳鉄工業さんの詳しい事はこちらの

「さんち~工芸と探訪~」というWEBの記事をご覧ください。凄い会社なんですよ。

sunchi.jp

 

 

 当面の目的を完了した我々でしたが、美味しそうな県産品のブースがずらりと並び、多くの人が行き交うお祭り雰囲気に財布のひもが緩みっぱなし。食べ歩きを堪能しました。

 一日に5万人が訪れるという「沖縄の産業まつり」。沖縄地場産業の奥深さを思い知らされるのでした。

 

 

 

f:id:fuku-taro:20191103085423j:plain

f:id:fuku-taro:20191103085658j:plain

f:id:fuku-taro:20191103085757j:plain

f:id:fuku-taro:20191103085847j:plain

f:id:fuku-taro:20191103090259j:plain

f:id:fuku-taro:20191103085627j:plain

f:id:fuku-taro:20191103090615j:plain

f:id:fuku-taro:20191103090714j:plain

f:id:fuku-taro:20191103090818j:plain

f:id:fuku-taro:20191103090854j:plain

f:id:fuku-taro:20191103091050j:plain

f:id:fuku-taro:20191103091134j:plain

f:id:fuku-taro:20191103091203j:plain

f:id:fuku-taro:20191103091236j:plain

f:id:fuku-taro:20191103091321j:plain

f:id:fuku-taro:20191103091357j:plain

f:id:fuku-taro:20191103091448j:plain

f:id:fuku-taro:20191103091614j:plain

f:id:fuku-taro:20191103091843j:plain

f:id:fuku-taro:20191103091952j:plain

f:id:fuku-taro:20191103092031j:plain

f:id:fuku-taro:20191103092118j:plain

f:id:fuku-taro:20191103092216j:plain

f:id:fuku-taro:20191103092256j:plain

 会場へは、ゆいレール「奥武山公園駅」から徒歩ですぐです。とっぷりと日も暮れて、向こうに沖縄セルラースタジアムの灯が煌々と灯っていました。

 沖縄に来て3ヶ月。ようやく少しずつ沖縄生活が身に馴染んできたように思います。どうやら、沖縄良いところだあ。

 

沖縄に来て2カ月半で食べたものを並べる

f:id:fuku-taro:20191027224404j:plain

毎週ブログを更新するのは大変ですね。もっと頻繁に記事をあげている方を本当に尊敬します。

 

忙しい日々が続き、書きたい事はあるんですが記事にまとめられない時もあります。今日のように。

 

そこで手抜き記事の登場です。

えー、沖縄にやって来て2カ月半になりますが、その間食べた物をずらっと並べます。

こうやって写真を見てると「あー美味かったなあ」と思い出しお腹が空いてきます。中には、きちんと記事にして紹介したいお店もありますが・・・・。また機会があればという事で。

那覇市を中心に。それでは、ずらりと。

 

f:id:fuku-taro:20191027215518j:plain

沖縄に初上陸した日に、那覇空港で食べた「ぽーたまおにぎり」

ポークハムとふわふわ玉子焼き=ぽーたま。ここから始まった

 

f:id:fuku-taro:20191027215701j:plain

沖縄初日の夕食。みの家の「沖縄そばとじゅーしーのセット」

「じゅーしー」というものを初めて知った

 

f:id:fuku-taro:20191027215820j:plain

ボリュームに圧倒された「まんじゅまいの五目そば」

本当に凄いんだから

 

f:id:fuku-taro:20191027215857j:plain

まだ家が決まらずホテル住まいの頃。「紅虎餃子房で餃子とビール」

 

f:id:fuku-taro:20191027220149j:plain

かつ吉の「カツ丼」

安くて美味い

 

f:id:fuku-taro:20191027220304j:plain

A&Wの「メルティバーガーとルートビアとカーリーフライのセット」

ルートビアが好きなんです。ルートビア知ってます?

 

f:id:fuku-taro:20191027220341j:plain

縦横、変に写っている「市役所食堂のぽーたま定食」

 

f:id:fuku-taro:20191027220452j:plain

ベトナム料理「BAO BAOのフォー」

ここはベトナム人だらけのお店で外国にいる気分。美味しいよ

 

f:id:fuku-taro:20191027220556j:plain

美味しいラーメン!!「新里の鶏そば」

いつか記事にしたい

 

f:id:fuku-taro:20191027220636j:plain

沖縄料理、匠の逸品!「まんじゅまいの てびち煮」

 

f:id:fuku-taro:20191027220737j:plain

このブログで紹介済み「ゴカルナのバターチキンカレー」

 

f:id:fuku-taro:20191027220856j:plain

沖縄に来る前から知っていて食べたかった「ブエノチキンの鶏の丸焼き」

ここもいつか記事にしたい

 

f:id:fuku-taro:20191027220950j:plain

夜の繁華街に佇む「二丁目そばの沖縄そば」

東京の「富士そば」のような感じのお店 

 

f:id:fuku-taro:20191027221034j:plain

宮古島出張の時に宮古島空港で食べた「宮古そば」

島とうがらしが辛かった!

 

f:id:fuku-taro:20191027223136j:plain

那覇空港「空港食堂のてびちそば」

とん足の乗った沖縄そばです。贅沢なそば

 

f:id:fuku-taro:20191027223325j:plain

「ぬーじーぼんぼんZのハンバーグセット」

ここもいつか記事にしたい旨さです。

当地の言葉で「ぬーじー=虹」「ぼんぼん=てんとう虫」の意味らしいです。

 

 

食べるという事は、その人の歴史のようかもしれないですね。

ところで、この記事が手抜きと言えるほど、通常の記事が充実しているわけでもなく。それなりに本人は頑張って書いてるんですが・・・。

 

おしまい