南風通信

あちこち 風のように

在台灣轉來轉去旅行⑨(たいわん うろうろ たび)

<真好吃!>

 

家人のトラベラーズノートには事前にリサーチした台湾情報がぎっちり書き込まれている。旅行中はインターネットに接続しないという方針のぼくらは、超アナログ派なのです。

 そんな彼女のノートにはMRTの駅にあるスタンプがコレクションされていて、MRTで移動しながらスタンプを集めるのも台北市内歩きの楽しみ一つになる。

f:id:fuku-taro:20190210083129j:plain

f:id:fuku-taro:20190210083213j:plain


 

「さあて、お腹もへったことだし・・・」という事で、パラパラとノートのページを繰った家人は、そこに記されたいくつかの候補の中から、この日の晩ごはんのお店を決めた。(基本的にぼくに決定権はないのだ)

そのお店は、仕事で台湾に駐在している日本人では知らない者はいないと言われる餃子屋さんらしいのです。台北市から電車で15分ほどの「石牌駅(シーパイ)」に、そのお店「阿財鍋貼水餃子」はありました。

 

f:id:fuku-taro:20190217084056j:plain

f:id:fuku-taro:20190217084259j:plainf:id:fuku-taro:20190217085342j:plain

石牌駅の周辺には高層マンションが林立し、駐車場にはピカピカの高級車が整然と並んでいる。台北市街から近い事もあり、ベッドタウン的な街なのではないかと思われます。高給取りの台湾駐在外国人エリートサラリーマン達が住んでいそうな街です。

そんな事を思いながら整然とした道路を歩いていましたが、数分も歩かないうちに景色は雑然としてきて、やがて、いかにも台湾といった様子になってきました。小さな夜市のような景色の中を2人乗りのバイクがすり抜けていきます。あわわ、うかうかできないよ。

f:id:fuku-taro:20190224192115j:plain

f:id:fuku-taro:20190224192231j:plain

f:id:fuku-taro:20190217090211j:plain

f:id:fuku-taro:20190217090253j:plain

f:id:fuku-taro:20190224193244j:plain

 

 

汗をかきかき歩きながら、ようやく辿り着いた「阿財鍋貼水餃子」には、長蛇の列が出来ています。店内満席はもちろんの事、お店外にもテーブルと椅子がセットしてあり、そこでも多くの人が餃子を食べていました。(真夏の蒸し暑い夜にも関わらず!)

観光客は見当たらず、家族で夕食にやって来たという感じの地元の人ばかりでした。明らかに評判のお店、人気店です。

どうも台湾の人は外食好きの様です。安くて美味しいお店が沢山あるので、外で食べるのは特別な事ではないのでしょう。

 

f:id:fuku-taro:20190224191104j:plain

f:id:fuku-taro:20190224191726j:plain

f:id:fuku-taro:20190224191617j:plain

f:id:fuku-taro:20190224190300j:plain

f:id:fuku-taro:20190217090957j:plain

f:id:fuku-taro:20190224190351j:plain

 

このお店では焼き餃子(鍋貼)と水餃子の両方を食べる事が出来ます。 

まずはスープ。酸辣湯(スヮンラータン)。やや酸味があって夏バテ気味の体にちょうど良い。(この日は8月の蒸し暑い日でした)

f:id:fuku-taro:20190224190511j:plain

 

 

そして山盛りの水餃子。もっちもちですよ、お客さん!

f:id:fuku-taro:20190224190555j:plain

 

たれに味噌を混ぜて・・

f:id:fuku-taro:20190224191357j:plain

 

頂きます!

うーん、肉汁天国。

f:id:fuku-taro:20190224190640j:plain

 

今度は焼き餃子(鍋貼)

羽付きパリパリです。こちらはカリッジュワーーー。お察しください。

f:id:fuku-taro:20190224190806j:plain

 

生にんにくが取り放題のサービスもあります。どうやって食べるのかと辺りを見回すと、紙の小皿ににんにくの欠片を山盛り入れてるおじさんは、まるでラッキョウを食べるように箸でつまんでそのままボリボリと。見ているだけで胃が悪くなりそうで、ぼくはひとかけらを少しづつかじりました。パワーー充填!

f:id:fuku-taro:20190224190934j:plain

ああ美味い、美味いと、2人して焼き餃子、水餃子を交互に頬張りました。

テーブルの脇の壁はお客さんが書いたらしい落書きが沢山ありました。

ふと見ると

「真好吃!(まっこと、美味いぜよ!)」

あなたの言うとおりだよ、ぼくはその落書きを見ながら、そう思ったのでした。

 

f:id:fuku-taro:20190224191256j:plain

f:id:fuku-taro:20190217085819j:plain

f:id:fuku-taro:20190217085919j:plain

f:id:fuku-taro:20190224192353j:plain

f:id:fuku-taro:20190217090004j:plain

f:id:fuku-taro:20190217090053j:plain

f:id:fuku-taro:20190217090421j:plain

 

街の記憶 9

f:id:fuku-taro:20190414132255j:plain

 

前回に続き「街の記憶」です。

 

久し振りにGRを手にして街を歩いたら、写真を撮る楽しさを思い出してしまったのです。

 

やっぱりコンパクトカメラは楽しい。

 

f:id:fuku-taro:20190414132349j:plain

f:id:fuku-taro:20190414132435j:plain

f:id:fuku-taro:20190414132525j:plain

 

この四月に人事異動があり、また人が入れ替わりました。

 

気が付けば、ぼくはこの職場で、最も古株の一人になっていました。

 

高知生活も二年半が経ちました。あとどのくらいこの場所にいるのでしょうか。

 

そんな事を考えます。

 

f:id:fuku-taro:20190414132616j:plain

f:id:fuku-taro:20190414132704j:plain

f:id:fuku-taro:20190414132748j:plain

f:id:fuku-taro:20190414132825j:plain

f:id:fuku-taro:20190414132907j:plain

f:id:fuku-taro:20190414132949j:plain

f:id:fuku-taro:20190414133056j:plain

 

そもそも、転勤族のぼくがブログに書きたかったのは、自分がしばらくの間を過ごす見知らぬ「街の記憶」。

 

ずいぶんの時間を、知らない街を通り過ぎながら過ごしてきました。

 

覚えているようで、自分が思っているほどには覚えていない、通り過ぎた街の風景。

 

だから記録しておきたいのです。

 

f:id:fuku-taro:20190414133245j:plain

f:id:fuku-taro:20190414133328j:plain

f:id:fuku-taro:20190414133404j:plain

f:id:fuku-taro:20190414133442j:plain

f:id:fuku-taro:20190414133528j:plain

f:id:fuku-taro:20190414133607j:plain

f:id:fuku-taro:20190414133704j:plain

f:id:fuku-taro:20190414133750j:plain

f:id:fuku-taro:20190414133831j:plain

f:id:fuku-taro:20190414133918j:plain

f:id:fuku-taro:20190414134009j:plain

f:id:fuku-taro:20190414134054j:plain

f:id:fuku-taro:20190414134203j:plain

f:id:fuku-taro:20190414134246j:plain

f:id:fuku-taro:20190414134334j:plain

f:id:fuku-taro:20190414134417j:plain

 

この街で過ごす残り時間が短くなるほど、街の風景に愛おしさを感じます。

 

f:id:fuku-taro:20190414134455j:plain

 

 

街の記憶 8

f:id:fuku-taro:20190406142524j:plain

 

スナップ写真は楽しい。そこには写真を撮ること自体の楽しみがあると思う。

写真を始めるきっかけになったのは、やっぱりスナップ写真からだった。RICOHのGRを購入して、楽しくて、街歩きをしながらシャッターを切りまくった。

その後、一眼レフを購入して更に写真に入り込んでいくのだけど、やっぱりコンパクトカメラを手にして街を歩くのは特別な時間だ。

最近、RICOHのGRの新型が出たという。店頭で手に取って,、何枚かシャッターを切ってみたのだけれど、スナップを撮るカメラとして凄く進化しているように思った。

でも、もうしばらく旧型で通そうと思う。だけど、価格がもう少し下がれば、きっと買うだろうなあ。

f:id:fuku-taro:20190406142619j:plain

f:id:fuku-taro:20190406142701j:plain

f:id:fuku-taro:20190406142759j:plain

f:id:fuku-taro:20190406142838j:plain

f:id:fuku-taro:20190406142918j:plain

f:id:fuku-taro:20190406143003j:plain

f:id:fuku-taro:20190406143046j:plain

f:id:fuku-taro:20190406143119j:plain

f:id:fuku-taro:20190406143327j:plain

f:id:fuku-taro:20190406143410j:plain

f:id:fuku-taro:20190406143441j:plain

f:id:fuku-taro:20190406143513j:plain

 

 

 

タイムカプセルを開ける

f:id:fuku-taro:20190331234209j:plain

 

休みの日に部屋の片づけをしていて、押し入れの奥を整理していた時に、インスタントカメラ(レンズ付きフィルム)が2つ出てきた。

自分でも何を撮ったものなのか全く覚えていないものだったので、恐る恐る現像してみた。

レンズ付きフィルムの現像ってどこで出来るんだろうと思いながら、カメラのキタムラへ持ち込むとちゃんと対応してくれた。

フィルム2本の現像と、現像したデータをディスク落としてもらって2,376円でした。

果たして、出てきた映像を見て苦笑する思いです。

1本はどうやら会社の独身寮の部屋で撮ったスナップのようでした。鹿児島時代、ぼくが20代の頃の会社の先輩と後輩が写っています。男子特有のバカバカしさ溢れるスナップ。今となっては微笑ましい。

長いこと現像せずにそのままにしてあったので、画質は良くありません。

f:id:fuku-taro:20190331235146j:plain

更にはバス釣りの写真。そういえば会社の先輩や後輩とよく釣りに行ったものでした。

f:id:fuku-taro:20190331235246j:plain

鹿児島の住吉池?でロッドを振る先輩。もう随分会ってないけどお元気だろうか。

 

f:id:fuku-taro:20190401001754j:plain

この頃はよく釣れたなあ(遠い目)。

 

 

 

そしてもう一本のフィルムは、30歳くらいの頃に会社の仲間たちと山梨県の西湖へキャンプに行った時のスナップでした。

f:id:fuku-taro:20190331235546j:plain

f:id:fuku-taro:20190331235908j:plain

 

この頃は年に2回はキャンプに行っていました。14,5人で1泊2日の青年合宿のようなキャンプでした。夜になって焚火を囲んでお酒を飲みながら語り合った事が忘れられません。焚火には人を素直にさせる効果がある事を知りました。

 

懐かしい写真を見ながら、まるで浦島太郎が玉手箱を開けたような気分になりました。今はデジタルですから撮ったそばから写真を見れますが、現像するまで分からないフィルム写真の面白さもありますね。

ちなみに、鹿児島の池田湖畔でデートした女の子が、ソフトクリームを片手に微笑んでいる写真があったのは内緒にしておきます。

 

スナップ写真の面白さは、時が経つほど増してくるのですね。

 

土佐おもてなし海援隊 最終公演

f:id:fuku-taro:20190324184510j:plain

 

 

土佐おもてなし海援隊の最後のステージがあるというので、お疲れ様の気持ちで出かけてみました。

 

土佐おもてなし海援隊は、「志国高知 幕末維新博」のPRの為に結成された高知のご当地アイドルグループです。

 

坂本龍馬、中岡慎太郎、武市半平太、岩崎弥太郎、吉村虎太郎、ジョン万次郎の6名が歌って踊る幕末維新志士アイドルとして、JR高知駅南口の「こうち旅広場」を拠点に活動を行ってきました。

  

f:id:fuku-taro:20190324184639j:plain

f:id:fuku-taro:20190324184543j:plain

 

 

幕末維新博が開幕したのは2017年3月4日の事でした。開幕式典には俳優の高橋英樹さんや高知出身の広末涼子さんが来場し、TV中継なんかもあったりして、それはそれは賑やかでした。

そしてこの時、1,000人以上の観客の前で行ったおもてなし海援隊のステージは、まさに晴れ舞台でした。彼らは維新博開幕の一年以上前から、地道に活動していました。朝早い時間、駅前で練習をしているのをよく見かけました。

 

f:id:fuku-taro:20190324200056j:plain

f:id:fuku-taro:20190324200220j:plain

 

 幕末維新博も終了し、あれから二年が経ってこの日が最後のステージ。

晴天だけど、まだ肌寒い3月の旅広場に数十人のファンが詰めかけました。

おもてなし海援隊は最後まで走り切りました。本当にお疲れさまでした。

f:id:fuku-taro:20190324200809j:plain

f:id:fuku-taro:20190324200958j:plain

f:id:fuku-taro:20190324184610j:plain

龍馬さんも「ご苦労さんじゃったのう」と言っているでしょう。

 

高知市は桜の開花宣言も出され、いよいよ春本番です。

f:id:fuku-taro:20190324184802j:plain

 

植物園にて

f:id:fuku-taro:20190317140953j:plain

 

まだ肌寒い2月の末、高知市内の牧野植物園に出かけた。春の訪れにはまだ少し早い時期でしたが、それでも花々はそれぞれの出番を守るように咲いていました。

 

f:id:fuku-taro:20190317141035j:plain

f:id:fuku-taro:20190317141112j:plain

f:id:fuku-taro:20190317141145j:plain

f:id:fuku-taro:20190317141224j:plain

 

この一週間はあらゆるメディアで、俳優としても活躍する有名ミュージシャンの薬物使用事件の報道が流れ続けた。

薬物使用を肯定する事はありませんが、表現者として第一線であり続ける事は、一般人には想像も出来ないくらいに過酷な事なのかもしれないなと想像しました。

 

編集者の河野通和氏が、先日お亡くなりになった作家の橋本治を偲んで書いた文章の中に次のような一文があった。それは橋本治の言葉でした。

 

<平成の三十年は不思議な時間だ。多くの人があまり年を取らない。‥‥年を取らず、成熟もしない。昔の時間だけがただ続いている。‥‥昭和は、その後の「終わり」が見えなくてまださまよっている――としか思えない。>

 

www.webchikuma.jp

 

時の流れが止まったような、恍惚とした夢の中に希望を見いだすことは出来ないと思うのです。

 

f:id:fuku-taro:20190317141304j:plain

f:id:fuku-taro:20190317141336j:plain

f:id:fuku-taro:20190317141410j:plain

f:id:fuku-taro:20190317141447j:plain

園内に咲く花たちは、彩りの中に静かに燃える生命を表現している。

花たちは巡る季節に沿って、あるがままの姿で咲いている。その短い一時の目映さを惜しむことがあるだろうか。

 

「エバーグリーン」の時代を「映える」事で生きるぼくらは、きっと少し疲れている。

 

f:id:fuku-taro:20190317141524j:plain

f:id:fuku-taro:20190317141605j:plain

 

植物学者の牧野富太郎博士は日本の植物学の先駆けであったが、その生涯の殆どで無名であり、経済的に困窮し、妻にも先立たれた。

70歳を超えてもフィールドワークに没頭した牧野博士の業績が、世間的に日の目を見るのは、75歳を過ぎた頃だ。牧野博士らしい大輪の花を咲かせたのは最晩年だった。そしてその事さえも、ただ「あるがまま」であったようにみえる。

 

2月末の植物園でこの日、牧野博士が一番好きだったというバイカオウレンの小さな花が、春の訪れを告げるように、静かに咲いていました。

 

f:id:fuku-taro:20190317141642j:plain

 

 

早春の記憶

f:id:fuku-taro:20190310224432j:plain

 

3月の年度末を忙しく過ごしています。そんな中、所用で高知から徳島までの日帰りドライブ。朝から春の柔らかな雨が降る中を、高速道路を飛ばしてゆきます。

車窓の外は雨のなのですが、景色は着実に春を感じさせるようになってきました。冬の冷たく暗い雨とは異なり、微かな幸せの予感を孕んだような優しい雨なのです。

車内3人で行く、片道2時間半の雨の高速道。行くべき場所へ行き、会うべき人に会う事で、楽しくもあるその所用は無事終わりました。

用事のついでのお楽しみにと、地元の方に聞いていた徳島ラーメンのお店へ向かう我ら3人組。

終わってみれば、徳島ラーメンの美味しさが際立って記憶に残る早春の1日となるのでした。

 

f:id:fuku-taro:20190310224039j:plain

f:id:fuku-taro:20190310224144j:plain

 

 

 2017年に徳島発上陸を果たした一人旅の記事もどうぞ。

www.fuku-taro.net